モバイル決済サービス アリペイ(Alipay/支付宝)、ウィチャットペイ(Wechat Pay/微信支付)の導入ならSGpayments

モバイル決済サービス(Alipay・Wechatpay)はSGpaymentsにお任せ下さい
お電話でのお問合せお問合せ

<p>

</p>


代理店及び加盟店募集

宿泊施設・飲食店・免税店等のインバウンド対応を支援します!
-インバウンド対応力強化支援補助金

1.補助金対象

●都内の民間宿泊施設

●都内の飲食店(※)・免税店(中小企業のみ)

●外国人旅行者の受入対応に取り組む中小企業団体・グループ

(※東京都が実施する「EAT東京」(多言語メニュー作成支援ウェブサイト)の「外国語メニューがある飲食店検索サイト」に掲載されている店舗)

 

2.補助金対象事業 インバウンド対応力強化のために新たに実施する事業

●多言語対応(施設・店舗の案内表示・室内・店内設備の利用案内・ホームページ・パンフレット等の多言語化、多言語対応タブレット導入等)

●無線LAN環境の整備

●トイレの様式化

●クレジットカードや電子マネー等の決済機器の導入

●客室の和洋室化、テレビの国際放送設備の整備(宿泊施設のみ)

●免税手続きに係るシステム機器の導入(免税店のみ)

●外国人旅行者の受入対応に係る人材育成

 

3.補助額

補助対象経費の2分の1以内

●宿泊施設・飲食店・免税店向け

1施設/店舗あたり300万円を限度

(※無線LAN環境の整備は、1か所あたり15,000円以内、宿泊施設は1施設あたり最大50か所、飲食店・免税店は1店舗あたり最大10か所とします。)

 

(公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課
ホームページ等でご確認下さい  平成31年3月29日(金曜日)締め切り

加盟店募集

テナント、店舗、レジャー施設、等の中国人観光客限定になります。
上記の関連に携わっている方やお知り合いを知っている方や紹介して下さる方。
この度、WeChatPay及びAIipayの導入のご検討はどうでしょうか?
中国人観光客向けてインバウンド集客で売上アップを目指し広告等もお手伝いさせて頂きます。

WeChatpay&Alipay日本上陸QR決済スタート代理店募集

中国の小売店を中心に90パーセント以上QRコード決済対応をしてります。日本では楽天ペイやlineペイがちょくちょく耳にされますが、まだ日本では定着しておりません。
今や中国はスマホ先進国などと言われ「支付宝(アリペイ)」と「Wechat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」が非常にポピュラーな手段として定着しています。
WeChatpay・Alipay決済サービスは、世界最大の商品購入から、飲食、宿泊費、レジャー等あらゆる店舗で使えるスマートフォン決済サービスです。
今後日本にも同じQR決済が浸透する期待が持たれています。
QRコード決済とはレジのバーコードリーダーを顧客のスマホに表示されるQRコードを読み取るだけの簡単で時間短縮の支払い方法です。もし店舗にバーコードリーダーがなかったとしても、店舗用のQRコード端末機が有り顧客のスマホで読み取ってもらえば決済ができます。

(代理店の条件)

代理店の条件と致しましては個人、法人でも契約が可能です。
施設や店舗側の決済する場所や設置場所には法人の必要が有ります。
代理店を進めるに当たり契約を結ぶ必要が有ります。
代理店は契約金や登録料は一切かかりません!初期費用0円ですぐに始められます!
リスクなしでパートナー登録をしていただくことができます。
ご紹介案件が成約し、ご紹介店様が(WeChatpay・Alipay)利用額に応じて決められた%を毎月、半永久的に還元致します。
コミュニティーの広い方や事業資金が少く始めたい方にはオススメです。

モバイル決済サービス導入のメリット

集客・売上U P につながる

集客・売上U P につながる

中国人の決済習慣に合わせることで、
集客効果と売上アップに繋げることができます。
現金をあまり持ちたがらない訪日中国人にとって、日本におけるキャッシュレス決済サービスのニーズはとても高くなっております。

導入が簡単でコストも抑えられる

導入が簡単でコストも抑えられる

タブレットを決済端末として利用できるので、
導入の手間やコストが抑えられます。
ネットワークに接続された端末があればすぐに導入でき操作も簡単です。
※導入には審査とご契約が必要です。

売上管理の効率化

売上管理の効率化

売上はクラウド上で管理が可能であり、
決済業務だけでなく売上管理の効率化も図れます。
※御社の売上管理システムとWeChtaPay を連動させる場合は、御社と担当のシステム会社との間で、システムの改良・変更にともなう費用が発生する場合がございます。

中国国内へ向けた情報発信が可能

中国国内へ向けた情報発信が可能

WeChat 公式アカウントを開設することでWeChat ユーザーへ情報発信することが可能。
公式アカウントから中国国内のユーザーに対して、店舗や商品情報の発信が可能となります。また、実際に来店したユーザーに対して公式アカウントのフォローを促すことでサービスの認知拡大を図ることができます。

インバウンド施策の実施が可能

インバウンド施策の実施が可能

クーポンや広告の配信などが可能となり、認知拡大と来店
を促します。
中国国内にいる日本旅行計画中のユーザー、または日本旅行中のユーザーに対して、クーポンや広告を配信することができます。
※公式アカウント開設や施策実施については、別途費用を頂戴いたします。担当者にご相談ください。

よくあるご質問

日本人が利用することはありますか?

現在日本のパスポートで認証されたアカウントでは日本国内のWechatPay はご利用いただけません。

中国人以外で利用される方はいますか?

中国人観光客と在日中国人が利用する決済手段です。

分割での支払いは可能ですか?

一括払いのみの利用となっています。

WeChatPayやAIiPayの上限金額はいくらですか?

利用金額の制限は、アカウントを紐付けている銀行口座ごとに設定されており、30 万円~ 60 万円、高い銀行であれば100 万円ほどの支払いが可能です。

金額訂正や取り消しはできますか?

決済された金額から差し引く形での金額訂正と取り消しは可能です。
決済された金額以上に追加請求することはできません。

チャージバックは発生しますか?

お客様のスマホからQR コードを読み取る仕組みですので、チャージバックの可能性は極めて少ないです。また、一度利用したQR コードでニ度目の決済をすることもできません。

申し込みから導入までの日数はどのくらいですか?

申込書兼契約書の受領後、2 ~ 3 週間で導入いたします。中国の祝日・連休を挟む場合はさらにお日にちをいただく場合がございます。

決済画面は中国語で表示されますか?

お店の方が確認をするタブレット端末は日本語表記です。

ID やパスワードを忘れた場合は?

パスワードのリセットが必要となります。リセットには数日かかる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

決済手数料以外に費用はかかりますか?

手数料以外の費用はかかりません。
※導入費用についてはQ.11 をご確認ください。

導入に関して費用はかかりますか?

タブレット端末をお持ちの場合は弊社がご提供するアプリケーションを使用するだけです。

タブレット無い場合は端末機が必要となります。ご相談ください。

明細書は発行されますか?

明細書の発行はございませんが、管理画面に明細を表示することが可能です。

売上はどういったタイミングで振り込まれますか?

お支払いは毎月月末締、翌月15 日払です。
※上記以外のお支払いサイクルを希望される場合はご相談ください。

インバウンドプロモーションについて相談できますか?

弊社の協力企業と連携し、中国SNS を活用した広告の配信など、中国人観光客を集客する為のあらゆる方法をご提案いたします。
詳しくはお問い合わせください。


※御社の売上管理システムとWeChtaPay を連動させる場合は、御社を担当するシステム会社に弊社API 仕様書を提出し、システム会社から工数・導入台数・テストなどを含めたコストを算出していただきます。

導入に関するお問い合わせ

受付時間 平日9:00 ~ 18:00 ※年末年始を除く
※電話番号はお間違いのないようにおかけください。